Archaea

【サポート】Lustreファイルシステムを使用したhcpdサーバの設定方法について

 

Q.Lustreファイルシステムを導入してる環境で、hcpdサーバは使用できますか?

A.Lustre環境でもhcpdサーバを使用することは可能です。

Lustreを利用したhcpdにおける設定注意点を以下に示します。

 
・Lustre領域をドキュメントポイントに設定する。

アクセスを許可するLustreファイルシステム領域をドキュメントポイントを
hcpd.conf の “DocPoint” に設定します。

hcpd.conf で、/lustre01 配下のアクセスを許可する設定の一例です。
$ cat /etc/hcp/hcpd.conf

DocPoint /lustre01
    DocPath /lustre01
    PermitAccessRead yes
    PermitAccessWrite yes
    PermitAccessOverwrite yes
    PermitAccessDelete yes
    PermitAccessRandomRead no # [RESERVED]
    PermitAccessRandomWrite no # [RESERVED]
DocPointEnd

 

・アカウントマッピングを一致させる。

Lustreサーバに存在しないUIDで、かつLustreクライアント(hcpd)に存在するUIDのユーザを使用してhcpクライアント側から書き込もうとすると書き込みエラーとなりますので、アカウントマッピングについてはご注意ください。

例えば、user02(uid:1002)はhcpdサーバにはアカウントとして存在するが、Lustreサーバ側には存在しない、など。
※UIDに起因して発生します。ユーザ名は同一でも、UIDが異なる場合(例だとLustreサーバ側にuser02は存在するが、UIDが1001である場合など)はエラーが発生します。

TOP