Archaea

【hcp】基本的な使用方法 ― 特定パターンにマッチしたファイルをコピーする

`hcp`コマンドを用いて、特定パターンにマッチしたファイルをコピーすることができます。

・ワイルドカードを使用して条件を設定し、条件に合ったファイルをコピーするには次の様に実行します。

// 転送元ファイル構成
$ ls
file.txt  file1.txt  file_1.txt  file_2.txt  file_a.txt  file_b.txt

$ hcp file_*.txt user@192.168.10.100:dir1

サーバ側には、以下のファイルが転送されます。

file_1.txt  file_2.txt  file_a.txt  file_b.txt

・正規表現を使用して条件を設定することもできます。

転送元のファイルパスを正規表現で解釈し、パターンにマッチしたファイルをリモートサーバ(192.168.10.100)のユーザホームディレクトリにあるディレクトリ(dir2)にコピーするには以下の様に実行します。

// 転送元ファイル構成
$ ls
file.txt file1.txt file_1.txt file_2.txt file_a.txt file_b.txt

$ hcp -g "file_(a|b).*" user@192.168.10.100:dir2/

サーバ側には以下のファイルが転送されます。

file_a.txt file_b.txt

・ワイルドカードを使用して条件を設定し、条件に合ったディレクトリをコピーするには以下の様に実行します。

// 転送元ファイル構成
folder01/
     ├  fileA.txt
     └  fileB.txt
folder02/
     ├  filea.txt
     └  fileb.txt
folder3/
     └  file.txt

$ hcp -R folder0* user@192.168.10.100:dir01/

実行後のリモートサーバ側は以下の様になります。

dir01/
     ├  folder01/
     │      ├  fileA.txt
     │      └  fileB.txt
     └   folder02/
            ├  filea.txt
            └  fileb.txt

※Windowsでは、ワイルドカードを使用したファイルのコピーはできますが、ディレクトリのコピーはできません。

hcpコマンドの基本的な使い方に関しては、以下も参考にしてください。
【hcp】基本的な使用方法 ― ファイルをコピーする

TOP